神奈川県平塚市の墓じまい・改葬代行相談は「墓じまいまちなかステーション」

関東地方および山梨県・静岡県の東部にお住まいの方を中心に、墓じまい、改葬代行でお悩みの皆様にマンツーマンの対応をお約束しています。

法律専門職がマンツーマンで墓じまいをトータルサポート

ホームお知らせ ≫ 跡継ぎのいない先祖代々のお墓を海洋葬で散骨したい。どう... ≫

跡継ぎのいない先祖代々のお墓を海洋葬で散骨したい。どうしたらいい?

神奈川県でおなじみの地元密着型地域情報誌『タウンニュース平塚版 2018(平成30)年7月19日号 紙上ゼミナール Vol.4』に出稿協力しました。

今回は、跡継ぎのいない先祖代々のお墓だが、海が大好きだったあの人のために海洋葬で散骨したいがどうしたらいいかわからない?!というご質問にお答えしました。

今、もっともタイムリーな話題の海洋葬、大海原で自然に還れる海洋散骨は新しい供養のカタチとして注目されていますが、一方で手を合わせる場所がなくなってしまうことにも少し配慮が必要かもしれません。この世に残されたあなたを想い偲ぶ方々の心を大切にしつつ海洋散骨でお墓じまいをするためには何をすべきか、他人の美談やいいとこばかりのイメージが強調された各種報道に惑わされずに一緒に考えていきましょう。

また、お墓じまいで海洋散骨をする場合、役所によっては改葬許可証の発行に難色を示す場合があるため注意が必要です。さらに、勝手にご自分で海に遺骨や遺灰を撒くことは法律で固く禁じられており、海洋散骨を行える業者への依頼が必須となります。しかし、海洋散骨業者にも様々あり、格安な値段ばかりを強調する業者によってご遺骨が不法投棄されてしまった事例や、事業所としての所在もあいまいで実態すら怪しい業者に依頼したところ業務半ばで連絡がつかなくなりご遺骨も一緒に行方不明になってしまった事例などが報告されており、本当に供養の心とともに最後まで責任をもって業務にあたってくれる業者かどうか、その見定めこそが極めて重要となります。当事務所は、国家資格を持つ代表自身が役所の複雑な許可申請手続きから寺院・墓地管理者との折衝や海洋散骨業者の選定・手配までをマンツーマンで一貫対応、法律知識と調整力に自信があります。

些細なことでも結構です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

タウンニュース掲載記事はこちら

伊豆道の駅遊覧船

2018年07月19日 16:00

神奈川県平塚市の
墓じまい・改葬代行相談

墓じまい
まちなかステーション

神奈川県平塚市紅谷町9-1
リーデンスタワー湘南平塚2F

事務所概要はこちら

サイドメニュー

モバイルサイト

墓じまいまちなかステーションスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら